業務内容


測量部門

基準点測量



基準点測量とは、既知点に基づき新点である基準点の位置を定める作業をいう。基準点測量は、既知点の種類、既知点間の距離及び新点間の距離に応じて1〜4級に区分される。GNSSとは、人口衛星からの信号を用いて位置を決定する衛星測位システムの総称をいい、GPS、準天頂衛星、GLONASS、GalileO等の衛星測位システムがある。

水準測量



水準測量とは、既知点に基き、新点である水準点の標高を定める作業をいう。水準測量は、既知点の種類、既知点間の路線長、観測の精度等に応じて1級〜4級及び簡易水準測量に区分される。

現地測量



現地測量とは、現地においてTS等又はGNSS測量機を用いて、又は併用して、地形、地物等を測定し、数値地形デ−タを作成する作業をいう。現地測量は、4級基準点、簡易水準点又はこれと同等以上の精度を有する基準点を用いて実施する。

応用測量



路線測量とは、道路、水路等の築造物建設のための調査、計画、実施設計等に用いられる測量をいう。路線測量は、次に掲げる測量等に細分される。1.作業計画、2.線形決定、3.中心線測量、4.仮BM設置測量、5.縦断測量、6.横断測量、7.詳細測量、8.用地幅杭設置測量、の工程にて作業は実施される。

河川測量



河川測量とは、河川、海岸等の調査及び、河川の維持管理等に用いる測量をいう。河川測量は次に掲げる測量等に細分される。1.作業計画、2.距離標設置測量、3.水準基標測量、4.定期縦断測量、5.定期横断測量、6.深浅測量、7.法線測量、8.海浜測量及び汀線測量、の工程にて作業は実施される。

用地測量



用地測量とは、土地及び境界等について調査し、用地取得等に必要な資料及び図面を作成する作業をいう。用地測量は、次に掲げる測量等に細分される。1.作業計画、2.資料調査、3.復元測量、4.境界確認、5.境界測量、6.境界点間測量、7.面積計算、8.用地実測図作成、9.用地平面図作成、以上の工程にて実施される。

地籍測量



地籍調査とは、主に市町村が主体となって、一筆ごとの土地の所有者、地盤、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。地籍とは土地に関する戸籍のことです。
設計部門

道路設計



道路の予備設計・実施設計・交差点詳細設計等を行っています。住民の生活環境と緊急・災害時に強い道路の設計。立案から調査設計まで全般的なご提案も致します。

農業土木設計



農業経営のニーズに応えつつ、生産の原点である農業が後世の資産となるよう、農道,用排水路の調査・測量から設計まで、一貫した作業体制でお手伝いします。
補償部門

土地調査



公共事業施工のための用地が円滑に確保できるよう、土地の権利者の住所や氏名,土地の所在等に関する調査、土地境界確認の業務を行い、起業者と地権者の間に立ち相互信頼を高めた土地の取得に対応します。

物件調査



起業地内の建物、一般工作物、立竹木等の調査を実施し、補償金算定の業務を行います。工事着手時の建物、工作物等の事前調査や、工事終了時の事後調査なども対応致します。
建築部門

施工管理支援・数量積算・施工図作成



建築に対する諸要求,諸条件を調整し,特定された敷地に対して一定の構想のもとに建築造形を具体化する作業をします。一般的には企画,調査,基本構想 (計画) ,基本設計,実施設計,工事監理のフローに基づき,設計図,仕様書,工事予算書などの設計図書を作成します。